「ぴーく」

「ぴーく」

ふとした時に
思い出す
キミの笑顔は

とてもとても
素敵だから

やっぱり
簡単には
忘れられないな

これらも
たくさんの
出会いが
あって

きっと
いくつか恋も
するのだろうけど

いつまでも
キミは
キミのまま
なんだろうな

それでも
ボクは
前に
進むしか
ないんだよね

ボクが

思い出す

キミの
笑顔を
超える
笑顔を

いつか
どこかで
見ることが
できたなら

この
どうにもならない
せつなさは

きっと
ほろ苦い
思い出に
変わるね

キミといた時代が
ボクの人生で
最高だったら

ここより
先へは
進めないから

たまに
キミの笑顔を
思い出しながら

ボクは
もっともっと
先へ進むね

うるおい

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.