「眠れないヨル」

「眠れないヨル」

キミは
ひとりじゃ
ない

という

ボクの
言葉を

キミは
疑って
ばかり

キミの
過去を
変えることは
できないけど

未来は
変えられる
から

それを
証明する
ために

ボクらは
出逢った
んだ

キミが
とらわれる

ひとりぼっち
という
暗い時間は

この先
ボクが
存在する
限り

もう
やって
来ることは
ない

キミが
眠れない
夜は

ボクの
ところに
おいで

寂しさや
不安を
忘れる
くらい

強く
抱きしめて
あげるから

うるおい

Comments are closed.