「ユメミチ」

「ユメミチ」

昨日から
ずっと
考えていた

ボクの
未来と
キミの
未来を

ボクらには
叶えたい
夢がある

そのために

ここにいる

キミの
夢も
教えて
おくれ

どんなに
大きな
夢でも

ボクらは
叶える
ことが
できると
信じている

でも
今はまだ
夢までの
途中の朝

ボクらには
行きたいところ
があるから

進んでいる
ことを
教えてくれる

いろんな
カベが
現れる

実はね

昨日から
ボクは
一晩中

そのカベを
じーっと
見ていた

でもね

見ている
だけじゃ
進まないん
だよね

カベは
ずっと
そこにいる

見ている
だけじゃ
夢との
距離は1mmも
縮まらないんだ

だから
ボクは
進むことにした

そして
やっぱり
夢を叶ようって

改めて
思った

だから
キミも
一緒に
進もうよ

うるおい

Comments are closed.